皆さん、こんにちは!
小川駅前接骨院です。

現代の日本で接骨院、整体院、整骨院はコンビニを探すよりも早く見つけられると言われるほど、その数が増えてきています。
たくさんあって名前が似てるけど、どこを選んだらいいんだろう、どんなことをされるんだろうと疑問を抱くと、なかなか入りづらい現状なのではないでしょうか?
今回はそんな皆さんの疑問を解決すべく、それらの違いについて説明していきたいと思います!

国家資格と民間資格の違い

まず、一番大事な区分けとして接骨院と整骨院は国家資格を持った先生が施術する場所で、厚生労働省に認められた人が医療を提供してくれる場所になります。
接骨院、整骨院は開いた人によって名乗り方が違います。基本は同じと考えてください!

接骨院、整骨院では柔道整復師という国家資格の所有者がケガや身体の痛みを治療します。
この柔道整復師は、筋肉や関節、骨格などの医療の専門知識を年制大学又は年制の専門の養成施設で、解剖学、生理学、運動学、衛生学、病理学、リハビリテーション学などを学び、臨床研修を経て国家試験を受け、合格した者に与えられる資格です。
柔道整復師が行う治療として病院の医師と違う点は、医師は西洋医学を用いてメスなどを使い体の中から治すのに比べ、柔道整復師は東洋医学を用いて術者の手技や骨折や脱臼・捻挫などを治療し、体が元々持ってる自己治癒力を高める医療行為を行っています。

一方整体院は、整体師やマッサージ師などの民間資格所持者が開業してる施設になります。
基本的にはリラクゼーションを目的としているところが大半です。

整体師は国家資格ではないので、非常に易しい取得難易度だと言えます。
取得の仕方も様々で、養成施設ももちろんありますが、数日講習を受けただけで取得できるような場所もあるそうです。
その為、知識をしっかりつけていない人が開業しているところも多く、折角リラクゼーションしに行っても体が痛くなってしまったり体が動かしにくくなった…なんて言うお話も聞きますので、整体院を選ぶ際には注意することが必要と思います。

受診できる医療行為と特徴

ここまでそれぞれの特徴と違いを書きましたが、いかがだったでしょうか?
つまり、接骨院、整骨院で受けられるのは「医療行為」だということです。

  • 骨折、脱臼、捻挫など大きなケガ
  • 筋肉や靭帯に傷が入って痛んでしまう筋挫傷
  • 体をぶつけてしまって起こる打撲

このように体をケガして痛めてしまった場合の治療は、全て医療行為になります。
治療内容は、院によって様々ですが、電気を利用した機械類での物理学的療法、テーピングやギプスによる固定やリハビリテーションなどがあり、症状やケガに応じて変わっていきます。

整体院はリラクゼーションを目的とした代謝や血行を改善するマッサージや、カイロプラクティック等を用いた筋肉、関節の調整などの健康法がメインになります。
これはあくまで民間療法の範囲になりますので、医療行為を受けられる接骨院、整骨院とは区分けがハッキリされてますね。

さて、いかがでしょう?
特徴や違いは分かっても
「自分は結局どこに行くのが番いいの?」
「うーん、痛みの原因が分からないんだけど?」
「なにを基準で選んだらいいの?」
そう思われる方も多いと思います。

筋、腱脱臼や関節の損傷、肉離れなどは整形外科でも治療が難しいときもあります。
また、ご家庭でのアクシデント、慢性と思っていた肩こりや腰痛も実は…何ていうことも。
筋肉、関節に痛みや問題が出た時は、その分野の専門家でもある柔道整復師に頼るのをオススメします!

接骨院、整骨院は院によって治療法、使う機材など多種多様に存在します。
その中からあなたにぴったりの院を見つける為にも、まずは問い合わせてみることをオススメします!

行きたいところはどんな治療をしてくれるのか、どういう風に自分の症状と向き合ってくれるのか分かっていると安心して治療を受けられるもの。
なので、まずは一度直接問い合わせて、確認すると良いと思います。

小川駅前接骨院のお近くにお住いの方は是非、ご来院ください。
あなたの体の悩みや症状に真っ直ぐ向き合って全力で治療させていただきます。